つけあげ工房のさつま揚げは、合成保存料を一切使用せず安心して食べられる、鹿児島・阿久根名物つけあげです。

さつま揚げの味わい方

鹿児島の晩酌は「つけ揚げを片手に一杯」。疲れがとぶ”だれやめ”

つけ揚げの味わい方

鹿児島の焼酎を飲むなら、もちろん肴も鹿児島の名産がいちばんです。
なかでも「あ〜、なんちゅあならん(なんともいえず、幸せ)」と鹿児島人が口にするのが、焼酎とつけあげの組み合わせ。
1日の疲れを癒すために焼酎を飲む、という〝だいやめ〟が鹿児島流の晩酌。
元気回復の源となれば「はよ戻っ、だいやめでんせんなら(早く帰って、晩酌でもしよう)」。

写真:黒ぢょかとさつま揚げ



写真:さつまあげ・つけあげ

提案します「おかずつけあげ」
そのまま食べても、おいしいつけあげ工房のつけあげは、しっとりとして、冷たくなっても風味が損なわれないのが自慢。
「おいしいね〜」
「ご飯がすすむね〜」
と食卓でも話題になること請け合い。
また、ちょっとした工夫で、よりいっそう楽しめます。



揚げたてつけあげを再現

揚げたてのつけあげは、外はサクっと中はふっくらでホクホク。ご自宅でもつけあげを揚げていただくと、揚げたてに近いおいしさをおたのしみいただけます。170度の油で約1分箸で触って、表面がカリッとなった時が揚げる目安。

つけあげの保存方法について

つけあげをおいしく食べていただくために、冷蔵庫での保存をおすすめしています(賞味期限内)。 もし、食べきれない場合は、冷凍保存で約1ヶ月間の保存が可能です。

「つけあげ」はいろいろなお料理にも活用できます!
 

■つけあげ工房 商品一覧

ベストセラー商品・つけあげ(さつまあげ)人気商品

  • まるじゅ本舗とは
  • つけ揚げの作り方
  • つけ揚げの味わい方
  • さつまあげ作りの職人たち
  • スタッフブログ・工房だより
  • 鹿児島・阿久根とさつま揚げ
  • お客様の感想
  • まるじゅ本舗つけあげ工房のさつまあげはここで買えます
  • いなかだんご まるじゅ本舗

このページのTOPへ